RSS | ATOM | SEARCH
☆神は乗り越えられる試練しか与えない 供

『 余裕が3mmしかない〜💦 』

 

前回のテーブルの修理。

 

まずはいくつかに裁断。

 

割れているところも利用し切ります。

 

削って平面をだし、また接着し天板にするのですが反りが意外とひどい。。。

 

その分、削る分が多くなる。

 

反り止めを外すと、深い溝が。。。

 

残り3mmしかない。

 

ヤバい!!!

 

 

反り止めとは木の反りを防ぐための鉄のプレートの事です。

 

ネジで固定するのですが木の伸縮に合わせてネジが動くように長円にして力が逃げるようにしてあります。

 

 

今回割れた原因は既存の反り止めの穴にあるかもです。

 

力が逃げず、弱いところが割れたと思われます。

 

削りすぎると穴が開いてしまうので慎重に。

 

接着も段差なしで作業しない!!!

 

そこで、今回は修理+リメイクすることに。

 

コンマの作業になりそう😅

 

ま〜修理はこんなもんでしょ〜😊(強気で)

 

 

author:takashi sekiguchi, category:家具の修理, 19:53
comments(0), -, - -
☆神は乗り越えられる試練しか与えない☆

コロナ自粛時、『仁』の再放送にはまっていました。

 

以前、途中までしか見れず最後が気になりモヤモヤしていました💦

 

『神は乗り越えられる試しか与えない』

 

素敵な言葉だ〜!!!

 

 

そんな言葉とピッタリな修理の依頼が。

 

丸型の座卓。カバ材。オイル仕上げ

 

 

 

輪ジミ 割れ、カビも💦

 

一度買ったところで修理したのですがまた壊れたの事でした。

 

オイル塗装なので輪ジミなどはしょうがないですね。。。

 

 

裏まで来てる〜💦

 

 

下のやぐらまでカビ? それとも反り止めの錆?

 

 

天板も反りあがっているので反り止めも効いてない状態です。

 

 

 

難題は天板が26mmしかないのであまり削ることもできない

 

完璧に直してあげたいな〜😊

 

仁の言葉を胸に(笑)

 

さ〜どうする〜。。。

 

乞うご期待😊

 

 

 

 

author:takashi sekiguchi, category:家具の修理, 19:41
comments(0), -, - -
☆素敵な親孝行☆

嫁いだ時、唯一持ってきた文机。

 

いつしか物置に眠っていたので、かなり傷みが・・・

 

50年前くらいのものだそうです。

 

『直るかな?』と息子さんから相談をうけ

 

直せますと二つ返事でこたえました。

 

けど少しプレッシャー(笑)

 

結構、傷んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

だいぶ年期が入っています。

 

ここは全部バラバラに。

 

 

 

天板もぐにゃぐにゃだったので思い切ってカット💦

 

 

あとは塗装、傷を直し引き出しも再生。

 

 

時代を感じますが色々な木材が使われていました。

 

 

こんな感じに完成です✨

 

 

 

 

 

素敵な親孝行ですね〜!!!

 

素敵な一コマにかかわれて幸せです〜😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:takashi sekiguchi, category:家具の修理, 10:35
comments(0), -, - -
☆子供椅子修理☆

親から子供へ引き継がれていく椅子。

 

そんな、手助け押をさせてもらいました😊

 

いい感じの子供椅子。

 

 

 

しかし、背棒が折れています。

 

作り替えたほうがいいのですがピンが打ってあって取れない💦

 

 

逆側を外し折れたほうは心材を入れ補強することに。

 

 

あとは強力なボンドで一日固定。

 

 

うまく割れ目もきっちりはまり、ホッと一安心😊

 

 

次の世代にまた引き継がれれば幸いです〜✌

 

 

 

author:takashi sekiguchi, category:家具の修理, 19:29
comments(0), trackbacks(0), - -
☆考えるのではなく、感じるのだ☆

毎日の猛暑💦

 

アップ、サボってました(笑)

 

お盆に入りここ仙台は急に過ごしやすく。

 

けど、台風の通過で明日からまた猛暑。

 

今日がチャンス(笑)

 

椅子のリメイク。

 

座面を木に作り替えてほしいと。

 

 

 

 

何十年も使用していたみたいです。

 

今回はウォールナットで作ることに。

 

 

座りやすいように緩やかにカーブを。

 

 

前の座面の様に同じ形に。

 

木の収縮に合わせてすこしクリアランスをとっています。

 

 

 

隙間や裏にも加工しました。

 

 

『固いと思ったけど温かく柔らかい感じだね』と😊

 

やはり木のイメージは固い感じがしますものね。

 

『考えるのではなく、感じるのだと』ヨーダの言葉思い出しました(笑)

author:takashi sekiguchi, category:家具の修理, 19:06
comments(0), trackbacks(0), - -
☆HEYWOOD part掘

日に日に暖かくなり、

 

しもやけも治ってきた😊

 

それと同時にHEYWOODの家具も直った〜✨

 

 

 

バラバラにしたものをパズルの様に組み立て。

 

ここから塗装、研磨、塗装、研磨の繰り返し💦

 

 

完成✨

 

 

第二次世界大戦後に作られた証のロゴ!!!

 

 

 

引き出しもきれいに。

 

 

 

 

後ろ側、天板の割れもきれいに。

 

 

脚もバッチリ✌

 

昔の作り手の思いを繋げられたかな〜😊

 

無垢材の力に乾杯🍻

author:takashi sekiguchi, category:家具の修理, 18:48
comments(0), trackbacks(0), - -
☆HEYWOOD Part供

足の指が痛い〜😢

 

初めてしもやけになりました。

 

先日の寒波でやられました。

 

けど仕事をしないと!!!

 

HEYWOODの家具。

 

 

今回はバラバラに分解して直すことに。

 

 

忘れないようにパーツごとにメモしないと。

 

ビスも場所によってバラバラなので。

 

 

パズルを分解している感じです(笑)

 

 

部材ごとに古い塗膜を落とし割れも直していきます。

 

 

 

割れもこの通りきれいに✨

 

 

 

引き出しも取っ手もこんなきれいな木目がでてきました。

 

さすが無垢材ですね〜〜〜!

 

やはりバラバラにして正解でした😊

 

寒さに負けずしもやけに負けずあと少し💪

author:takashi sekiguchi, category:家具の修理, 21:05
comments(0), trackbacks(0), - -
☆HEYWOOD☆

『ヘイウッドの家具を直してほし』と連絡が。

 

ヘイウッド???なんか聞いたことあるような。。。

 

見に行ってみるとよく雑誌などで目にしてました。

 

お洒落な家具だな〜作れないかなと見ていました。

 

 

お客様曰く『1950年くらいに作られたものなんだよ』と。

 

1936年〜1966年まで生産され、主にバーチ材を使用。

 

ヴィンテージ家具として人気があり、世界中に根強いファンが存在。

 

確かに斬新なデザインだし今でも色々なインテリア雑誌などで使われているのには納得です。


 

 

ネットで買ってみたらそんなに程度がよくなかったみたいで💦

 

ブログを見て連絡をくれました。

 

月2,3度しかアップしてないのに(笑)

 

 

こんな感じです。

 

 

 

割れや塗装の剥げがいくつも。

 

後ろも割れがたくさん。

 

 

 

 

半世紀前のものですからね。

 

うぉ〜俺が生まれる前の家具!!!

 

興味津々!!!

 

乞うご期待(笑)

 

ちなみに前回探していた木材はこれを直すためのバーチ材でした😊

 

 

 

 

 

author:takashi sekiguchi, category:家具の修理, 18:10
comments(0), trackbacks(0), - -
☆家具の心?☆

もし家具に人の心があるとしたら。。。

 

息子さん、娘さん、お孫さんが帰省するたびに

 

家がにぎやかに。

 

さすがにテーブルも足りなくなります。

 

そんなお客様の希望でお客様の家に眠っていたテーブルをプチリメーク!

 

 

 

縁は無垢なので傷を修理し再塗装します

 

 

脚も同様に。脚をカットし少し低めのテーブルに。

 

 

結構傷だらけです。

 

 

突板が剥がれているところも修理します。

 

こんな感じに完成✨

 

 

 

 

 

お客様も喜んでくれて、たくさん帰省しても一安心。

 

家具も喜んでくれたかな〜(^^♪

幕板も裏も汚れていたので着色し塗装。

 

 

 

 

 

 

 

author:takashi sekiguchi, category:家具の修理, 19:27
comments(0), trackbacks(0), - -
☆ダブルで生まれ変わります☆

『何か使っていたものを残したい』

 

何十年も続くラーメン屋さんの建て替え。

 

そこで、何百人、何千人、いやいや何万人が座った椅子を修理して使うことに

 

さすがに至る所に傷みが・・・

 

 

 

 

さー新たな命を吹き込む作業開始!

 

 

 

緩んでいたのでバラバラにし剥離剤で古い塗膜を落とします。

 

そのあときれいに磨きます。

 

 

全部で6脚あるので大変だ〜💦

 

あとは組み直しし、着色し塗装すれば完成!

 

オープンに間に合わせなければ・・・

 

こんな感じに完成しました。

 

 

 

 

 

背はまた修理できるように外せるようにしました。

 

ちなみにお店は『麺処 よしだ家』岩沼市相の原1-4-21

 

 

中は準備中なので看板だけ。

 

生まれ変わった椅子と生まれ変わった『麺処 吉田家』に足を運んでください😊

 

近日オープン予定です✨

 

       

 

 

author:takashi sekiguchi, category:家具の修理, 20:00
comments(0), trackbacks(0), - -